腰椎すべり症の症状は足のシビレと痛み

腰椎すべり症の症状は足のシビレと痛み

抜け毛が目立ってきた。つい去年まではなかったのに

自分は髪が薄くなってきて、なかなかヘアスタイルが決まらずに悩んでいます。
明らかに去年とは異なり、髪が薄くなってきました。
去年までは髪が豊富にあり、好きなヘアスタイルを楽しむことができていました。
洗面所には常に幾つかの整髪料があり、櫛を使って、その日の気分でヘアスタイルをアレンジしていました。
しかし、最近は髪が薄くなり、櫛を使って髪を整えると、背後の景色がうっすらと見えるようになってきたのです。
今では整髪料に代わって、幾つかの育毛剤が洗面台の棚に乗っています。
また、シャンプーも頭皮環境を整えるという育毛シャンプーに変えました。
以前なら、自分の好きな香りのするシャンプーを使っていたのに、今では少々薬品臭が気になるシャンプーを使っています。
そして、このままでは、自分はハゲてしまうのではないだろうかと心配しています。
ハゲが遺伝なら、とっくに諦めて、気分も前向きになっているのかもしれません。
しかし、自分の薄毛は明らかに遺伝ではないと思います。
なぜなら、父は白髪こそたくさんあるものの、薄毛ではありません。
また、祖父も薄毛ではありませんし、親族の中にも薄毛の方がいないのです。
結婚式などで親族一同集まることがありますが、薄毛で悩んでいそうな方はいません。
もしかしたら、中には黙ってカツラを被っている方もいるかもしれませんが、父にもちょっと聞いてみたところ、親族に薄毛の方はいないようです。
ですから、自分の薄毛は遺伝ではないと思います。

 

だからこそ、自分が薄毛であることが許せないのかもしれません。
なぜ自分が薄毛で悩まなければならないのだろうと考えると、育毛剤を使っている自分を受け入れることができません。
また、いつかは薄毛が治り、育毛剤とはおさらばできるだろうと思っています。
髪に未練があるというのは、このことかもしれません。
しかし、親族に薄毛の方がいないのですから、遺伝ではなければ、違うことが理由で薄毛になっているのだろうと思うのです。
そして、その原因をしっかりと取り除くことができれば、自分は薄毛ではなくなるだろうと考えています。

 

毎日、毎日、洗面台の上に取り付けてある鏡を覗いては、髪に向かって育毛剤を振り掛けています。
いつかは育毛剤がいらなくなる日が来ると思っているのですが、こうも長期間育毛剤を使っていると、このような毎日が永遠と続いていくのではないかと心配してしまいます。
また、最後には育毛剤を必要としないぐらいに髪がなくなってしまうのではないかと思うと、気分が塞ぎこんでしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト


ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る